コーヒーミルについて

ネルドリップで淹れているコーヒー屋にとって理想的な粉は

「微粉が少なく、粒が均一なもの」だと思います

粉が細かければ細かいほど過剰にエキスがでますし
粗いほどにエキスがでません

前者は重たく苦い珈琲になり
後者はあっさり物足りない珈琲になっていきます

どちらにしても、粒が揃っている方が適度にエキスを抽出できますし
なにより、微粉が少なければ味にキレが生まれます

要するに、“いいとこだけ”抽出したい! ということなんです

ですから、珈琲を挽くというのはとても大事な工程なのです
開店に向けどのコーヒーミルにしようかといろいろ見ていたところ

なんと!

銀座 カフェ・ド・ランブルの関口一郎さんが考案し
試作が進んでいたミルがついに完成したそうです!

お店に伺った際に、試作機を見せていただいており、いつかいつかとたのしみしていたので
とてもうれしい限りです


「ランブル・グリッドミル」について、詳しくは画像をクリックしてください
grid_mark1.gif