雨の子孫たち

やっと降りはじめた緑を濡らす恵みの雨は

“雨の子孫たち”という名の土地で育まれた魅惑的な珈琲を思い出させます

ドリップした鍋の中の“琥珀色”というよりは“深紅”の液体を
口に含むと、なめらかでもったりとした食感が口中に広がる

柑橘系の酸味と穀物のような風味、あとにはほんのりカカオも感じる

雨の音を聞きながら

記憶の中のイエメン バニーマタルを思い起こしています